kyoto☆kungfu

京都カンフースクールの最新情報をお届けします☆

タカラジェンヌの方々とレッスンを行いました☆

先日、宝塚歌劇団のテレビ番組、タカラヅカスカイステージの方から依頼があり、お二人のタカラジェンヌの方に太極拳とカンフーのレッスンを行う番組に出演させて頂きました。

そこで、びっくりすることがおこりました。

桃堂純(とうどうじゅん)さん、真彩希帆(まあやきほ)さんという、とっても魅力的で、とっても可愛らしいお二人が見えて、ご挨拶をしたのですが、たくさんたくさん共通点があったのです。お二人とも関東のご出身ということは事前の資料で存じていたのですが、まさかの連続でした。

ちょっとだけお話すると、桃堂さんがアメリカ育ちで台湾にルーツがあることがまるで一緒だったことや、「太極拳をやったことがあるんですよー」とおっしゃるので私も嬉しく、大変お話がはずみました。(桃堂さんはなんとカンフーの練習パンツを真彩さんの分も探してレッスンにのぞんでくださり、その颯爽とした様子がなんて恰好いいのかしらと私も目がハートになりました。)

それから真彩さんとびっくりすることがありました

「先生、私小さいときにカンフーやったことあるんですよ!今日は本当に楽しみにきました!」

とキラキラお話して下さるのですが、カンフーをやったことがある関東の子というのは当時そんなに多くなく、大体のことが分かるので、「どなたに習ったのかしら・・?」と思いながらお話していたら、なんと!

10年前、私が授業させて頂いた生徒さんであることが分かりました。

「ええ!」

「こんな技、教えて頂きました!」

と、カンフー体操1をほぼ完ぺきに覚えている真彩さんに、本当にびっくり。もしかして・・とクリクリのお目目をみているうちに、(確かふたつ結びをしていて、左側の列の、前から4番目くらいにいた可愛い子かもしれない!)と思い出してきました。(私はかなりちびっこの物覚えがいいのです)「先生、ポニーテールしていましたよね!」なんておっしゃるので、やっぱりそうだということが分かり、本当に驚きました。

 

実はその頃、私は大きい怪我をして手術を受け、元のようにはもう動けません、と診断を聞き落ち込んでいた頃でした。でも色々なご縁で小学校や中学校、幼稚園で武術を教えるお話をなぜか次々頂き、毎年多くの学校で授業をさせて頂きました。(真彩さんもそのときに授業させて頂いたのです)当時はとにかく無我夢中でした。自分の糧にはなっているとは思っていましたが、こうして他の方の素晴らしい人生に少しだけ関わらせて頂いたんだなと思うと、感慨深い一日でした。本当にキュートなお二人で、とても真摯に練習に取り組んで下さり、神様がごほうびをくれたような出来事でした。

いま武術を楽しんでくれるみんなも、この練習が、いずれ何か自分がなりたいことを支える糧になったらいいなあ、と思っています。私ももっとがんばろう、と心から思いました。

 

桃堂さん、真彩さん、スタッフのみなさま、ありがとうございました!

f:id:kyotokungfu:20151001130753j:plain

(右側が桃堂さん、左側が真彩さん)